FC2ブログ
千葉県柏市でデリヘル、Amoral Japan/アモーラルジャパン 【羞恥な人妻達】を営んでいます。皆さんの叱咤激励を糧に古今奮闘しております!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前綴った、地域のボランティア活動。
小学生相手の球技の監督である。

・・・この週末に新年初の練習が行われた。

年末に「自主練」やっておくよーに! と進言していたが
やはり、誰一人やっていなかった(笑)

まぁ、こんなもの当たり前といえば当たり前の話しではある。
皆、相当に動きが悪い・・・? と思いきやナカナカ動きが良い(^^)

おっ! これまでの指導が実を結び始めたか!?
と、笑顔になり掛けたが、ここでのボクのキャラは『鬼より恐い鬼』となっている。

優しい振る舞いは、他のコーチ陣の担当である。
勿論、ボクもそちらの役を担いたいが、全員一致で却下されっぱなしである・・・(泣)

まったくズルイコーチ陣である。美味しいトコ取りなのだ。

約二年間このチームを見ている。
ヘッドコーチを経て監督を任されているのだが
ここに来て目に見えてチームに変化が現れてきている。

相変わらずの弱小チームなのだが、
勝ちたい! 勝手みたい! だから一生懸命キツイ練習でも頑張る!!
と本気で思い始めてきた子。
或いは、私にもデキルかな? 恐いけど、ちょっと頑張ってみようかな?
とポジティブに考え始めてきた子。

こういった子供が増えてきたのだ。

勿論、子供達の思考回路である、その多くは
『勝ちたいけど、キツイ練習はイヤだなぁー』
『ボール恐いし・・・』と考えている子がその大半である。

しかし、数名であるが
キツイ練習はイヤだ! 負けたってイイじゃん! アホくさぁー と
全くヤルキを出さない子も存在する。

前者の3パターンの考えを持った連中をこちらに引き込むのは
時間こそ掛かれどボクの得意とするところである。

しかし、後者のような考えを持った連中を燃えさせる事は
苦手というより、興味すらないのだ。

本来、こういった姿勢を正すは学校でもなければ
まして、地域・コミニュティーでは無いと考える。

「正す」という表現もオカシイかもしれない。
そうならぬよに、育て上げるべきではないのかなと。

故に、母親であったり、父親の大切な役目のハズ。

実は、この若干の「ヤルキ」の無い子供達の父親が
我がチームのコーチでもあったりするのだ・・・。

この週末の練習にて、全く行動を起そうとしないそういった子供達を
宥め、賺し、アノ手、コノ手で奮起を促すが全く効果ゼロなのだ。

流石に、他の子供達の影響を考え
その父親コーチに預けようとしたのだが
「いや、監督に任せますから・・・父親がここで言っても何も効果ありませんから」と。

おいおい・・・お前はアホか?
じゃあ、オレの子供はどーなるんだ?
オレも自分の子供の事を他の子供達以上に目立って叱ってるぞ・・・と。

試合中に骨折しても、試合終了まで途中離脱は許さなかった。
試合中に歯が折れても、試合終了まで途中離脱は許さなかった。

確かに、厳しすぎる面もあったとは思うが
彼女の置かれた立場を考えると離脱の選択肢は取れなかった・・・。

勿論、親である。
飛んでいって、抱えて、病院に直行させたかった。
今でもあの時の事を思うと、胸が痛むし、彼女には申し訳ない気持ちで一杯だ。

しかし、親がコーチ、監督として参加している以上は
絶対に許されないことであった。
また、チーム内での彼女の立場もそう選択させた要因のひとつであったのだ。

勿論、ボクがそうした子育てをしているからといって
その父親連中に、同じような事を求めているのではない。

ただ、少なくとも、実の子供が属するチームを率いる以上は
他の子供たち以上に自分の子供には厳しく接して欲しいと願う・・・。

子供とは真は素直なものである。

ボクが自分の子供に一番辛く指導しているからこそ
他の子供達が付いてきてくれているという面が多大にある。

ちゃ~んと奴らは見ているのだ。

来週末も練習である。
この思いをボクはその父親コーチに言うべきか、言わぬべきが悩んでいる・・・。

バカみたいに、練習後からず~っと悩んでいるのだ。

イロイロと思いは交差している・・・。
『めんどくせーな。。。もう、こんな活動から手を引こうかな』という思い。
『いや、キチンと進言し、改めてチームをまとめなければ!』という思い。
『どーでもいっか、今年はテキトーにちゃらちゃらやろうかな』という思い。
『いや、他に何か手がはるハズ!! 妙案考えるゾ!!』という思い。


いやはや・・・どうしよう(^^;
 コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/25(金) 23:10 | | #[ 編集]
>マ●オ様
この度は当方のブログにお越し頂きまして誠に有難うございます。また、こういったモノでもご参考になったとの事、勿体ないお言葉です。そのうえ、リンクまで頂き本当に有難うございます。それでは、共同●●●の件、何気に興味あったりします・・・(笑) それでは、寒さ厳しい日が続きますが、呉々もご自愛下さいませ。
2008/01/27(日) 20:34 | URL | とし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitozumalove.blog100.fc2.com/tb.php/137-649fd2b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。