FC2ブログ
千葉県柏市でデリヘル、Amoral Japan/アモーラルジャパン 【羞恥な人妻達】を営んでいます。皆さんの叱咤激励を糧に古今奮闘しております!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にも少し触れたが『江戸しぐさ』
代表的なものとして、往来しぐさ・傘かしげ、こぶし腰浮かせ、肩引き がある。

今以上に人口密度の高かった江戸にて、
快適に人々が暮らす為の通念的常識であった・・・とか。

実に日本的な繊細な心遣いであって、
こういった類のものはドンドンガンガン世界に発信して欲しいかな・・・と思うが、
控えているところが、これまた日本的で奥ゆかしいのかなと。

しかし、こういった良き精神的文化が少々崩壊しつつあるのかなと・・・。

昨日の事、お客様から当店イチバン人気の120分コースのご予約を頂戴した。
○○時頃ホテルにお入りになるとの事であった。

システムとして、チェックイン後にお部屋番号の連絡を頂くのだが
待てど暮らせど連絡無し・・・。

もしや!? と思いこちらからお客様の携帯にコールするが
お出にならない・・・。

そう、ドタキャンである。

こういった場合は、当店では某機関を利用し
お客様の住所を割り当て、キッチリとキャンセル料を頂いている。

何故、連絡をしてくれないのだろう?
全く悲しい限りである。

例えどんな理由であったにせよ
『ごめん! 所用で利用できなくなった!!』

勿論、この一言で『はい、了解です!!』と笑顔の納得にはならないにせよ
それでも不承不承ながら承知はできる。
更に、その女性に次のお仕事をアテンドする事もできる。

業務妨害・・・こんな簡単な『四字熟語』で怒りは収まる物ではない。


と、悪い事は重なるもので
とある方から、一週間も前から、面接後の写真撮影の予約を頂いていた。

この写真撮影が終了してから当店は入店決定としているのだが、
・・・来ないのである。

勿論、無連絡である。

当店が日程の設定を強要したわけではない。
その方が、自ら○○月○○日の○○時と連絡を寄こしてきたのだ。

その日程を確保したがために、
当然他のアポイントは全て断り、入れていない。

・・・おいおい! どういうこっちゃ!?

実は、こういったケースは非常に多い・・・。

以前は腹も立てていたが、最近では馴れてきた感も否めない(^^;

しかし、やはりどう考えてもオカシイぞ・・・と。


何故、その一言が言えないのだろう?


義務教育の段階で『約束は守りましょう!』と習った・・・ハズ。
親から『約束は守ろうね!』と教わった・・・ハズ。

『言い難かった』
が、恐らくこういった連中の答えだろう。

糞喰らえだ!!

一方がそっと傘をかしげる事によって、双方が気持ちよく通る事ができる。
何故にこんな簡単な事が理解できないのだろう?

己がヒトに言えた輩で無い事は百も承知だが、
それでも、こういった類の悪行は行った記憶は無い。

まぁ、だからこそ騙されやすいのだろうが・・・(笑)

それでも、その一言・・・欲しいものである。

うむ。。。少し、疲れてきたかな?(^^;


━━━募集中━━━

●幹部候補生、店長候補(年齢、性別不問)
 =応募条件=
 ◆一般企業勤務暦通算3年以上
 ◆普通自動車免許保有者
 ◆車両持込者
 ◆貪欲でスケベな者・・・(コレ、一番重要かもです^^)

※勤務時間、その他諸条件につきましてはお問い合わせ下さいませ。
 尚、給与は応募者のスキル等により面談の上優遇致します。


●ドライバー兼内勤補助スタッフ(年齢、性別不問、バイト・パート可)
 =応募条件=
 ◆普通自動車免許保有者
 ◆車両持込者

※勤務時間、その他諸条件につきましてはお問い合わせ下さいませ。
 尚、給与は応募者のスキル等により面談の上優遇致します。


●女性コンパニオン
 =応募条件=
 ◆20才~45才位まで
 ◆未経験者歓迎
 ◆経験者優遇
 ◆笑顔がステキな貴女・・・大歓迎!
 ◆日給45,000円+α以上、月給95万円以上可
 ◆入店祝い金(報奨金)最大50,000円支給
 ◆スタッフによる実技講習なし(プリントマニュアルによる、口頭説明のみです)

※その他諸条件につきましてはお問い合わせ下さいませ。


各応募先:アモーラルジャパン
       高級会員制デリバリーヘルス “羞恥な人妻達”運営
       電話:04(7197)2828 <24H可>
       メール:info@amoral-japan.jp

皆様のご応募を心からお待ち申し上げております。


【注目サイト】人妻デリバリーヘルス羞恥な人妻達でセレブな人妻をご堪能ください
【注目サイト】松戸・土浦・柏デリバリーヘルスなら【羞恥な人妻達】







 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitozumalove.blog100.fc2.com/tb.php/189-5c619941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。